moku <indoor green>

観葉植物についてのご相談・販売・メンテナンスを手がけるmokuのブログです。

葉水

今宵は酔いましょう



Let's enjoy green life !
Let's enjoy pothos !

Epipremnum aureum 'N' Joy'

ポトス・エンジョイ Epipremnum aureum 'N' Joy'
サトイモ科エピプレムヌム属 常緑つる性多年草
インド原産

斑入り植物の人気が一昔前ほど盛り上がらないこの頃だが、このポトスは不動の人気を獲得!
しかも生長が遅いから、”植物が大きくなったら困る”と無茶なことを言う困ったさんにも大人気!

緑と白のコントラストに酔いましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

種を蒔いて1ヶ月



ピテケロビウム・エヴァフレッシュの種を蒔いて1ヶ月。
かわいいかわいい赤ちゃんがたくさん出てきました!

Pithecellobium sophorocarpum var. angustifolium

か細いながらも、太陽に向けて茎をピンッと力強く立たせる姿を見ると、植物のたくましさを改めて思い知らされます。
新芽のブロンズ色もとても美しく、新しい命の誕生にただ感激するばかりです。
がんばって生きているな~、ほんとに。見習わないと・・・。

ここ最近、東京は朝晩冷え込んできました。
エヴァフレッシュの移植は春までお預けかな。
ベランダの熱帯生まれの植物たちもそろそろお部屋の中にお引越しですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

右巻き?左巻き?



このフリフリ感、このワカメ感、たまらない!

Asplenium nidus var. plicatum


アスプレニウム・ニドゥス・プリカツム Asplenium nidus var. plicatum
チャセンシダ科アスプレニウム属 常緑多年生シダ
熱帯~亜熱帯原産(日本には種子島以南、小笠原諸島に分布)

葉のねじれは右巻き・左巻きの両方があるようで、葉の左右で生長の速度が異なるために、このような形態になるのだろう。

葉がウェーブがかかっている分、他の観葉植物と比べると成長が遅く、小さなスペースにももってこいである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハロウィンが近づいてくると



ハロウィンが近づいてくると、急に脚光を浴びる植物がいる。

Platycerium bifurcatum

プラティケリウム・ビフルカツム(コウモリラン) Platycerium bifurcatum
ウラボシ科ビガクシダ属 常緑多年生シダ
インドネシアオーストラリア原産
75 x H70cm approx

だからといって、この植物を家に飾りたいとか育てたいとか思う人は少なく、
ハロウィンの時だけ、コウモリつながりで花屋やグリーンショップのディスプレイとして飾られ、
ハロウィンが終わると翌年まで影をひそめる・・・。

古い佇まいの和食屋さんの軒先なんかにぶら下がっていると素敵なんだけどなぁ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

理想郷あらわる



2012年2月より出回りはじめた、まったく新しいタイプのガジュマルの一品種です。

Ficus vaccinioides

フィクス・シャングリラ Ficus vaccinioides
クワ科フィクス属 常緑低木
台湾中国原産
20 x H24cm approx

艶やかな葉は生長につれて垂れ、晩春から夏にかけて、昼の時間の長い季節になるとわき芽が分枝します。

沖縄では、ガジュマルにはキジムナーという真っ赤な髪で子供の姿をした幸福をもたらす精霊が棲むと伝えられていますが、このシャングリラにもキジムナーが棲み、みなさんにたくさんの幸せを届けてくれるかも…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

東西南北どこでも



アニメ界で「エヴァ」と言ったら、もちろんエヴァンゲリオンのこと。
でも、グリーン界で「エヴァ」と言ったら、エヴァンゲリオンのことを思い起こす人は誰一人としていなく、この植物を真っ先に思い浮かべる。

Pithecellobium sophorocarpum var. angustifolium

ピテケロビウム・エヴァフレッシュ Pithecellobium sophorocarpum var. angustifolium
マメ科コヨバ属 常緑高木
ボリビア原産
30cm x H65cm approx

mokuでは、東西南北それぞれの方角にエヴァフレッシュを置いているが、どの方角でも、陽が沈んで辺りが暗くなると葉を閉じて眠り、陽が昇って明るくなると葉を開いて起きてくれる。

夜更かしや朝寝坊、居眠りなんて決してしない、見かけによらずたくましいグリーンなのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

花がなくても



観葉植物なんだから、葉をとことん観察して楽しまなきゃ!

近くに寄って、普段は気付かない産毛を見つけたり。
葉に触れて、やわらかさやあたたかさを感じたり。
照明を当てて、影や透け具合を堪能したり。

Grevillea sp.

グレヴィレア Grevillea sp.
ヤマモガシ科グレヴィレア属 常緑高木
オーストラリアパプアニューギニア原産
27cm x H33cm approx

コスモスの葉によく似ていて、まるで花がないコスモスのようですが、
花がなくても葉の美しさだけでわたしを十分満足させてくれます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

暑さとカールでめまいが・・・。



バロック音楽を集大成した作曲家が、「音楽の父」と称されるバッハで、
バッハのヘアースタイルが美しいくるんくるんのカールだったから、
この植物が “ バロック ” と名付けられたに違いない、と私は勝手に解釈している。

Ficus benjamina 'barok'

フィクス・ベンジャミナ・バロック Ficus benjamina 'barok'
クワ科フィクス属 常緑高木
インド原産のフィクス・ベンジャミナの変わり葉タイプ
60 x H93cm approx

いったい何枚の葉がついているんだろうと無性に気になりだし、数えはじめてみたものの、
一枚一枚の葉を眺めているうちに、くるんくるんのカールに加えて、猛暑による暑さのせいでだんだんとめまいがしてきた。
秋になって涼しくなったら、もう一度チャレンジしてみようと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

奥様方は目からウロコ



魚の鱗(ウロコ)を包丁で取ると、とにかく飛び散るし、面倒だし…。
しかも、ウロコ取りを使っても、小さなウロコなどの取り残しがあったりするので、最後は包丁の出番になる。

しかし、取らなくてもいいウロコがあると聞いたら、世の奥様方は目からウロコだろう。

Angiopteris lygodiifolia

アンギオプテリス・リゴディーフォリア(リュウビンタイ/竜鱗) Angiopteris lygodiifolia
リュウビンタイ科リュウビンタイ属 常緑多年性シダ
伊豆半島以南〜台湾原産
50cm x H50cm approx

この植物のウロコは取る必要がないというよりも、とってはならない竜のウロコであり、
81枚あると言われている竜のウロコのうちの1枚が、土の上に落ちて生まれた植物なのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

金色に輝く葉



朝焼けの色が反射し、葉が金色に輝く姿は一見の価値があります。

Calathea musaica

カラテア・ムサイカ Calathea musaica
クズウコン科カラテア属 常緑多年草
ブラジル原産
50cm x H45cm approx

カラテアは、中南米に100種以上が分布し、どれも葉模様が美しいものばかり。

ただ、これほどまでに神秘的で、葉がモザイク模様になっているカラテアは他にはありません。

密林の木陰でひっそりと生きる植物のため、木漏れ日程度の明るさで育ててあげるとよいでしょう。
(自生地の環境を考慮し、mokuではこの植物を水苔で植えてあります。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

moku

hp www.moku-green.com


facebook http://www.facebook.com/pages/moku/273154192785894/


mail leaf@moku-green.com


植物に囲まれた生活は決して特別ではなく、ごく自然なこと。
今も昔も、人々は植物と共に歩み、それぞれ何かを感じてきました。

少しだけ手をかけてあげれば、お部屋の中でも魅力的に映える植物。
空間を素敵にしてくれる。住まう人も素敵にしてくれる。
そんな植物と共に暮らしてほしい。

日々の生活の中で植物が当たり前にある心地よさを感じ、植物を通してコミュニケーションが生まれ、育てる楽しみを共有できれば、わたしたちにとってそれ以上の喜びはありません。


search
monthly archives
category archives
QR code
QRコード
  • ライブドアブログ